私が学力アップした方法

私が小学生の頃は、1番算数が苦手でした。
計算がとにかく苦手で、暗算というものに無縁でした。
小学校五年生の頃から、塾に通い始めましたが、やはり基本が出来ていないせいか、全く通っても思うように成績は伸びませんでした。
そんな時、塾の先生に算数の基本というか、基礎となるものの暗算の練習を家でするように言われました。

初めは、簡単な一桁と一桁を足すだけの問題集を家で30分しました。
当然、当時の私には簡単だったので、スラスラと解け余裕さえみせていました。
しかしながら、その後の二桁と二桁になるとそこまで簡単にいかず、少しずつ時間がかかるようになりました。
その問題集を二冊し終わったくらいから、少しずつそして確実に暗算が出来るようになりました。
すると不思議なくらい、そこから算数と言うものが楽しくなり、塾でもその効果が上がり始めました。
今まで出来なかったことが少しずつ出来るようになり、理解できるようになるとそれまで苦手科目だったものが、1番得意な科目になります。
正直、初め塾の先生に一年生の問題集を勧められた時は、ビックリしました。
今では感謝しています。
先生も、昔同じことがあった時に、私と同じように学習していったそうです。
基礎はとても大切なんだなとその時感じたことを今でも覚えています。