専門科目の勉強の仕方とその対策

私は工業高校に進みました。
中でも専門科目、私は電気科でしたので、電気の基礎、電力、機械、工業製図、電子回路などを勉強しました。

普通科と違って国語、や家庭科、英語などもあったのですが、数学や物理など、工業に特化した授業内容でした。

勉強は授業に出てしっかりノートを取る
テスト範囲の部分をしっかり覚えてきて、期末や中間テストに望むといったところでした。

中学と違って、内容が分かりやすくレベルも低い事もあってそれなりに点数がとれました。
しかしその分、勉強もたくさんやりました。緑色で重要項目をなぞって赤の蛍光シートで隠して何回も覚えるまで復習する。

朝起きたら、中学程度の計算練習を10分くらい早く正確にする。
という事を週間付け、テスト前にはほとんど寝ずに朝まで勉強していました。

そのかいあって成績も伸び、クラスで10番以内に入ることがで来ました。
授業は真剣に受けて、帰ったあと復習して、予習まではしなかったです。

あと、資格の勉強にも取り組みました。
危険物乙4類の勉強を教えてくれるクラスが合ったり、電気工事士は電気科全員で受験しました。

その時は、毎回、練習問題、実技試験に向けての実践訓練もしました。
勉強は、やはり面白ければやります。

高校時代に感じだ事でした。